【中医協】10対1入院基本料にも看護必要度(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は2月3日の総会で、現在は7対1入院基本料に導入している入院患者の「看護必要度・重症度」の概念を、来年度の診療報酬改定で10対1入院基本料に拡大する内容の改定案を了承した。

 7対1入院基本料で実施している「一般病棟用の重症度・看護必要度」の評価票により病棟の全入院患者の状態を継続的に測定・評価している場合に、「一般病棟看護必要度評価加算」として、1日につき一定の点数の算定を認める。
 一般病棟のほか、特定機能病院や専門病院の10対1入院基本料についても同じ取り扱いにする。
 厚生労働省の改定案によると、同加算の算定病棟は1年間の測定結果を毎年7月に地方厚生局に報告する。


【関連記事】
【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意
【中医協】通院・在宅精神療法、病診で一本化へ
【中医協】入院早期の加算引き上げへ、15対1は引き下げを検討
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議

起訴後、高級志向が加速…連続不審死・木嶋被告(読売新聞)
オリックス・小瀬選手 宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
美少女フィギュア万引き、前刑事課長に罰金30万(読売新聞)
<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)
高校生留学、18・5%減 不況の影ここにも(産経新聞)
[PR]
by m37kahobbg | 2010-02-06 17:27


<< <飲酒運転>懲戒の警察職員が倍... 「刑事責任問われれば責任重い」... >>