誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)

 宮崎県で家畜への口蹄(こうてい)疫感染が拡大している問題で、消費者庁は17日、食品業界や流通業界などに対し、販売の際に非感染を売り文句にするなど、消費者に誤解を与える不適切な表示を慎むよう要請した。
 同庁などによると、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回っておらず、また摂取しても人体に影響はない。しかし問題発生後、量販店やインターネット上で、「宮崎県産は使用していません」「口蹄疫の恐れのない産地の肉です」などの表現で食肉や加工品を販売している例が数例確認されたという。 

【関連ニュース】
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
政府、口蹄疫対策に総力=農家への生活・経営支援
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討
割安補修で遊び場確保を=遊具事故防止に事例集

<強盗>パチンコ店から3人組360万円奪い逃走 千葉(毎日新聞)
昨年の自殺者数3万2845人 「失業・生活苦」が3割 (産経新聞)
主力品の売り上げ縮小で微減収―小野薬品工業(医療介護CBニュース)
「露が実効支配」岡田外相、ビザなし交流取材制限取り下げず(産経新聞)
<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
[PR]
by m37kahobbg | 2010-05-20 18:55


<< 北教組事件 長田被告初公判 う... 末期がん患者への介護サービス迅... >>