「逆転無罪」に法廷どよめく…元公務員の党紙配布(読売新聞)

 マンションで共産党の機関紙を配るなどしたとして、国家公務員法違反(政治活動の禁止)に問われた元社保庁職員、堀越明男被告(56)の逆転無罪の判決の主文が読み上げられた瞬間、東京高裁の法廷内はどよめき、支援者から歓声が上がった。

 堀越被告は午前10時前、黒いスーツに黄色いネクタイ姿で102号法廷に入廷。多くの支援者らが陣取った傍聴席に目をやって会釈をしてから被告人席に座り、緊張をほぐすように大きく息をついた。

 「原判決を破棄する。被告人は無罪」。中山隆夫裁判長が証言台の前に立った堀越被告に告げると、静まりかえっていた傍聴席からは一斉に大きな拍手がわき起こった。中山裁判長は「静かにしなさい。こんなことで喜んではいけない」と静粛を求め、判決理由を読み上げ始めた。被告人席に戻った堀越被告は机の上に手を組み、神妙な面持ちでうつむいて耳を傾けた。

不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)
<クリスタルキング>解散発言での賠償請求を棄却 東京地裁(毎日新聞)
生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)
小沢氏、自身への批判に参った? 「人のせいにするな」と訓示 (産経新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記−政府(時事通信)
[PR]
by m37kahobbg | 2010-03-29 21:41


<< <羽田新駅火災>照明器具がショ... 「欲望抑えきれず」中1男子にわ... >>