「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)

 覚せい剤を密輸したとして、千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受けたフィリピン国籍の女性被告の弁護側が、「裁判員裁判は違憲」と主張して東京高裁に控訴したことが16日、分かった。公判前に同制度を違憲として裁判官のみの審理を求めたケースはあるが、違憲を理由とした控訴は全国初とみられる。
 被告は無職パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。一審で無罪を主張したが、千葉地裁は1月、覚せい剤約2キロをマレーシアから日本に持ち込んだと認定し、懲役9年、罰金400万円を言い渡した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判

<「円天」詐欺事件>元会長に懲役18年判決…東京地裁(毎日新聞)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
核密約文書後任に引き継ぎ、情報公開法時意図的破棄を示唆、密約参考人質疑で東郷元条約局長(産経新聞)
阿久根市長、連日の出席拒否…入札問題追及予定(読売新聞)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by m37kahobbg | 2010-03-23 20:54


<< 離任式 岸壁から「先生、ありが... 鳩山首相 「法人税は減税の方向... >>